So-net無料ブログ作成
検索選択

1週間シャバを離れます [患者としてつぶやいてみる]

私事ですが、来週一週間チョイとシャバを離れます。

このブログで私の病気の話を時々している関係と、なるだけこの、名前の後ろ部分がメジャーなわりに、その実態が知られていないマイナーな病気「慢性骨髄性白血病」について,ちょっとでも多くの人に知っていただきたいという思いがありますので、書いておきます。

このブログを読んで下さっている方はご存知の通り、この病気には良いお薬が10年くらい前から使われるようになり、私もそのお薬のお陰で、元気にしております。 ブログやツイートで、仕事に行っていたり、スケート見に行ってたり、夜遊びをしていたり(?)というお話が多い訳で、おわかり頂けると思います。

で、このお薬「グリベック」と言いますが、その後に開発されたお薬が今のところ日本では2つあるんです。「第2世代の薬」と呼ばれてます。「タシグナ」という薬と、「スプリセル」という薬です。

それで私このたび、このタシグナを試してみることになりました。

これは、決して私にグリベックが効かなくなったからではなく、あくまでも「新しい薬なので、効果も一般的には高くなっているし、副作用も一般的にはより、マイルド」ということなので、変更をするわけです。万一今度の薬が合わないということがあったら、また、グリベックに戻ればよいという意味では、私も気持ちはちょっと楽です。

そんなわけで、具合が悪くなっての入院ではありません。で、なんで薬を変えるだけで、入院するかというと、それは、私に前科があるからで、循環器のために飲んでいる薬と、今度のタシグナが作用し合うので、飲み始めは採血を何度もしながら、量を調節する必要があるのです。グリベックの時もそれは同じで、1か月くらいで、だいたい量がおちついたでしょうか。まずは、最初の1週間くらいは、それなりに変化が予想され、飲む薬の量が日によって変わったりするわけです。基本採血しないと、自覚できる症状があるわけじゃないので、仕方がないのですが。

私の場合、会社にもここに書いたのと同じことをお話して、お休みを頂きました。
理解をして下さっている上司にとても感謝していますし、同僚の皆にも、Take care、新しい薬がもっと効果があるといいね!とメールをもらいました。

とはいえ、飲んでみないと、こればっかりは、どうなるかわからないって事も多いので、ちょっとドキドキですが、来週火曜日から金曜日まで、シャバを離れます。

でも、iPhoneと小さいPCは持っていっておそらく、つぶやけるとおもいますので、その時はお時間のある方、おつきあい下さいませ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。