So-net無料ブログ作成
検索選択

ビートルズの秋 [ちょっとしたイベントだ!]

未だに残暑という感じですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ぶっちゃけ、この2週間ほど、身体のアチコチに不具合をおこしまして、
なんとなく、落ち着いてまいりました。
感じとしては、簡単にいえば、暑さにやられて、それが、秋近くにドッと来た感じなんだと思います。
この土日で、だいぶ、改善されたと思います。
とりあえず、昔とった、この季節のお花、黄花コスモスなど。
デカイなこの写真。 (笑)

MA320002.jpg

さて、少し前から、秋に向けて、ビートルズ関連のイベントのお知らせをいただいたり、見つけたりしております。
ジョンのお誕生日近くの秋には、そういったイベントが色々あるものなのでしょうね。

まず、見たい映画

ジョン.レノン, ニューヨーク

http://johnlennon-ny.jp/

あとは、トリビュート バンド関係ですが、

下北沢BEATLEWEEK
http://www.birdlandmusic.co.jp/news/#1312605461-769989

六本木アビーロードでは、 テトラッズが、アルバムPelase please me から、A hard day's night まで、3枚、続けてお送りしますというイベント。 http://www.abbeyroad.ne.jp/imagedata/image_tetradsbox_1.jpg ジョンのバースデーには Tokyo Beatle Convention http://www.abbeyroad.ne.jp/imagedata/image_tbc2011.jpg http://www.abbeyroad.ne.jp/events/index.htm マー色々あるわけですわ。 まだ、どれに行けるか、よくわかりませんが、続きはWEB で! とりあえず、去年のTokyo Beatle Conventionのお写真など、貼っておきましょう。 kdd.jpgt11.jpg

nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

mayu

秋から冬にかけて、イベント盛りだくさんですよね♪
Kayoさん、もし行かれたらレポお願いいたします(^O^)

でも一番は体調!ですので、ご無理なさらないでくださいね!

by mayu (2011-09-11 18:46) 

Kayo

mayuさん
映画も見たいし、イベント見たいですが、まずは、夏の疲れを取らねばです。だいぶこの土日で休めたようです。Thank you! また、時間があったら、mayuさんとも行きたいです!
by Kayo (2011-09-11 20:11) 

バルカローレ

私は暑いのが苦手なので9月になるといつもほっとします。
コスモスが咲いたあとに彼岸花がにょきにょき生えてくる今の季節はとても好きです。
おっと!Kayoさんのところに書き込みしてるせいか突然記憶が・・・。
10代のころひいきにしていた30分のFM番組があって、そこにビートルズの「September in the Rain」のリクエストはがきを出したら曲もかかってはがきも全部読んでくれたことを思い出しました。日本て9月は雨多いじゃないですか。向こうも降るんだーというような書いた覚えがあります。

『ジョン・レノン、ニューヨーク』は存じませんでしたが、ジョンとお母さんのジュリアとポールの三人を中心に描いた『ノーウェアボーイ』はこのあいだ国内盤のDVDが出たんだそうですね。じきじき劇場公開もされるようです。

六本木のアビーロードはおおお昔に行きました。
今日のところはこれくらいにします。寝る前ゆえ、乱筆おゆるし下さい。


by バルカローレ (2011-09-14 00:40) 

Kayo

バルカローレさん

私も暑いのすごく、苦手で…この残暑どうにかして欲しいです。

September in the rain  リクエストとは、渋いです!

Nowhere Boyもいい映画ですよ。

ジョン レノン ニューヨークも、ほんとうに、ズシンと来る、映画でした。 是非そのうちご覧下さい!

早くこの残暑がなくなるといいですね!

Kayo



by Kayo (2011-09-14 20:37) 

Kayo

続きはWebで! と言った関係上、John Lennon New York を見てきました! という自己レスです。 Twitterでは、つぶやきましたが、とても、ずっしりくる、映画でした。ジョンという人は、若い頃から、ビートルズ解散後で大きな変化をした人というイメージがあるのですが、「基本変わってなかったんだな」なんか、10代の彼と40になった彼がとてもキレイにリンクされた気持ちになりました。あと、興味深かったのは、彼がYOKOさんと暮らしていたということは、彼は日本の文化にも自然と触れていたわけで、特に和食文化を気に入ってくれていた彼を微笑ましく思いました。なんか、私の周りにいる。いわゆる「国際結婚」をしたカップルと同じだなって。
by Kayo (2011-09-21 17:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。