So-net無料ブログ作成
検索選択

The Tetrads @ Roppngi Abbey Road (For Paul's BD) [Viva !Tribute Bands]

遅くなりましたが、書き留めておあきますね。

6月29日、45年前には、ビートルズが、来日をしたわけですが、この日The Tetradsがアビーロードに出演しました。 そして、その日の3セット目はちょっと遅い、Paulのバースデーイベントということになっておりました。

一応何故か、頑張ってセットリストをメモしましたので、(笑)とりあえず、3セット目だけ、それを書きながら、チョロット感想を書かせていただきますです。

その前の1、2セット目でわーっと思ったのは、Here There and Everywhere。とても綺麗でした! In my life で、ギターの金子さんが、HarrisonとMartineのダブルGeorgeをこなしてしまうのも、大好きです。

そんでもって、セカンドセットでは、私の大好きな,いわゆる”デビュー前”の音源から、Where have you been all my life!!とても良かった!

セカンドセット終了後、隣に座っていらっしゃった、男性のお客さまから、「あの曲は、何と言うタイトルですか?」とご質問を受けました。 おそらく、初めて聴かれたのですが、良い曲だと思われたのだと思います。 少なくともThe Tetradsを見るのは初めてのお客様だったようです。
「Live at the BBCに入っているんでしょうか?」とのお話だったので、ン?最近そこまで、この辺の音源を聴いていなかった身としては、定かでなくなり(笑) iPhoneで調べてStar clubの音源だとお伝えいたしました。 この辺の曲って、改めて思ったのですが、実際ライブの音源で、そんなに録音状態よくないわけなので、Beatlesの原曲を聴いて、いい曲!と思えない人もいるのでは?でも、それを「いい!」と感じた人が、クリアな音で演奏してくれると、本当に伝わるものなんじゃないかと。
すみません。また、こういう曲に対して、語りすぎました。

さて、PaulのBD ミニイベント。 ”ミニ”と言っても、どうしてどうし、メガに頑張っていましたよ。

My Brave face
(ウワー 懐かしい! take me to that place...本当にジョンとポールで歌いたかったんだろうな。 コステロさんゴメン)

Jet
(!)

Calico Sky
(♫ I will love you for the rest of my life〜  キレイだー。)

Mrs. Vandebilt
(白状しますと、この曲名、どうしても思い出せず、前出の隣のお客様に教えていただきました。いくつかの場所でMaccaなどと名乗りながら、すみません。(笑)

Young Boy
(渋い選曲! もう、Youngではない、ポールが、おそらく息子さんに向けて(?)歌った曲なのですが、星さんあなたが、まだYoung Boyなのよね!と思って聴いておりました。)

Driving Rain
(梅雨には最高でした!)

Band on the run
(ドラマチックでいいっすね! 一応エンディング!)

そして、アンコールは

Helter Skelter
(Ringo係の佐藤さんの指にマメができて、オシマイ!!(笑)

I got blisters on my fingers!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。