So-net無料ブログ作成

イギリスを知る会 [ちょっとしたイベントだ!]

私がこのブログでもチョクチョク、レポさせていただいたビートルズのトリビュートバンドでポール係をされている。。。(あえてここは、現在形にしておきましょう。)黒沢昭雄さんが、六本木アピーロードというお店で、標題のような、アカデミックな会の講師をされました。講義の後には、演奏も少しだけするとお聴きし、お邪魔してきました。
黒沢さん、実は2006年12月以来の演奏だったとのことで、私にとってもメチェメチャ懐かしい会になりました。黒沢講師ご本人のブログで、会の詳細についての紹介もありますので、ご興味があれば、ご覧下さい。
http://black.ap.teacup.com/beaglelife/166.html

イギリスに興味のある皆様のアカデミックな集まりでした。そこに、数人の「以前黒沢さんをこのお店で拝見していました」組が混ざっていたという感じだったです。

まず、講義はビートルズがいかにリバプールに現在でも様々な意味で(多くは経済的意味で)大きい存在であるかというようなお話を「ジョンレノン空港」や「A hard day's night hotel」などのお話をもとにお話されていました。

そして、ビートルズが現在でも様々なビジネスになっていますよというようなお話。ビートルズリマスター盤が発売になったお話だったり、ビートルズのゲームなどのお話だったり、そんなお話でした。

そして、ビートルズを振り返ってみまっしょうということで、彼らのハンブルグからの出発から、解散までを、様々な映像を交えて振り返りました。

アップル版、WINのパワーポイントのようなプレゼンテーションソフトを使っての黒沢先生自作のスライドも、とても見応えのあるもので、彼がどのくらいこのスライド作成に力を注いだかが伝わってきました。いくつかは、マニアにはかなり貴重な映像や音源もあったんじゃないかと。あまり詳しくここで記述するのは、種々の事情があると思うので避けておきます。

スライドを使いながらの黒沢先生のお写真。ってボケボケやん。
abbey100509d.jpg

ビートルズの活動した8年間なりなんなりは、あまりに内容が濃く、ビートルズの知識たっぷりの黒沢さんとしては、それを2時間くらいに凝縮するのは、難しく、「全然時間が足りないよ〜」状態だったと思います。用意したのに、使えなかったスライドが沢山あるみたいです。

さて、その後に演奏をちょっとだけということで、
She loves you
I wanna hold your hand
Help!
Let it be
そしてアンコールとして
Hey Jude

I wanna hold your handでは、ちょっとした趣向がありました。
当時の「キャー」というファンの歓声を音声をを大きめの音量で流す中で、演奏を聴きました。
なんか本当にワシントンに行ったような気分になれて嬉しかった。

終始黒沢さんの持つユーモアーやら、ほんわかしたムードの中で本当に楽しいイベントでした。

メンバーはジョン係はThe Tetradsというバンドの向後さん、リンゴ係は、同じくThe Tetradsの佐藤さん、そしてジョージ係は、以前いくつかのバンドで黒沢さんと一緒に演奏していた三分一さん。
1曲演奏後、黒沢さんが息を整える時間が必要になると彼がすかさず、トークを繋ぐという美しき、旧友愛(?)を感じました。
abbey100509e.jpg

ほーら
なつかしの1マイク!
abbey100509b.jpg

この写真も三分一さんかなりブレブレだけど、アップしておきましょう。
abbey1005f.jpg


最後の2曲は黒沢さんは、キーボード。

abbey100509c.jpg
abbey100509a.jpg

以前はちゃんとしたカメラを持ち込んでレポしましたが、今回は携帯の写真なので申し訳ありません。
オバサンなので、写メうまく撮れません。
最後の1枚は、私の友人Yさん撮影です。Thank you !
演奏が終わると会の事務局長,横山様が”Paul ,  John, George and Ringo, Thank you very much indeed!"と綺麗なブリティッシュ イングリッシュでおっしゃっていました。メンバーも嬉しかったんじゃないかな?私の今の職場にも英国人、アメリカ人がいますが、英国の方だけ"indeed"をつけてくれるんですよ。私はその度、なんだか嬉しい気分になるのです。(笑)

演奏の後には、ビュッフェもおいしく頂きました。最後のフルーツ含めて3ラウンド!(っていらない情報失礼しました)

I enjoyed it a lot! いや英国風に I had a fabulous time!
また演奏見たいですよん。黒沢先生!

*5月12日に3点追加、変更させていただきました。
3番目の写真の追加。
後半に記載した会の方の肩書きに誤りがあり、お名前も教えていただいたので変更させていただきました。
呼びかけはJohnからではなくPaulからでしたので、変更させてたいだきました。(そう黒沢先生をまず感謝だったのですね!)
買ったまま、依然として未開封のリマスター盤、聴いてみようかな。(古いビートルズ関係の知人は、「え?まだ聴いてなかったの?」とずっこけたはずだ。ずっこける、、昭和の響きだな。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 4

mayu

講演と演奏と、まさにBeatles Fanにはたまらないイベント
だったようですね!
 
行かれたkayoさんが羨ましいです~

携帯でも綺麗に取れていますよ!
by mayu (2010-05-10 19:42) 

Kayo

Mayuさん
どうも!

承認後にコメント許可という形にしないと、しょうもないジャンクなコメントがついている場合があるので、めんどくさくてすみません。
ええ、ただのライブってわけではなかったので、その意味でも楽しかったですよ。Mayuさんともそういったイベントでお会いできるといいな!Thank you!
by Kayo (2010-05-11 00:04) 

Chrosawa

お運び下さいまして、本当にありがとうございました。
そして、素早いReport!
痛み入ります<m(__)m>

Ta!
by Chrosawa (2010-05-11 19:00) 

Kayo

先生どうも!

いえいえ、こちらが、フライングぎみにアップしてしまい、申し訳ありません。ただ、放っておくと、とことん放っておく性分なもので。(だから、未だにリマスター盤放ってあるし。(この話クドイな)
本当に楽しい会でした。Ta!

by Kayo (2010-05-11 22:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。